メンタル関連のプロに

メンタル関連の仕事と開業

メンタルカウンセラーとして開業

日本でメンタルカウンセラーとして開業するために、実は現在のところ資格は何も必要ありません。ですから、例えばあなたが明日からメンタルカウンセラーになりますといって開業しても違法ではないのです。しかし、実際のところ資格だけ持っていても経験の何もない人に相談したいというクライアントは存在しませんから、プロとして成功するために一番大事なのはカウンセリングの臨床経験を積むことなのではないでしょうか。ですから、実際に独立する前に、実績のある団体で実習を行ったり、ボランティアとして経験を積んでいくのが近道となるのかもしれません。

カウンセラーへの相談のメリット

メンタル的に弱っている時に、一人で抱え込むのは危険です。どんどん奥深く落ち込んで、なかなか這い出せない状況になりがちです。心に悩みや不安を抱えている時にはカウンセラーに相談や話を聞いてもらうのが良い方法です。カウンセラーはまず、相談者の話をとことん聞きます。相談者は自分の心の内を話しているうちに、心の闇に光が見えてきたり、解決法が自然と見えてきたりするのです。そこにしっかりと寄り添い、専門的知識からアドバイスをくれたり、弱ったメンタルを少しずつ改善してくれる方向に持って行ってくれます。それは、ただ引っ張り上げるのではなく、自分の力で這い出せるきっかけを作ってくれるようなサポート力があるので、安心感と達成感が得られるのです。

心理カウンセラー関連情報

↑PAGE TOP